MENU

広島市包茎手術人気クリニックランキング

昔、広島に出張に行った際に新幹線の中で男性週刊誌を読んでいたら、包茎手術の広告が掲載されていて、世の中にはこうした包茎で悩んでいる男性も結構おられるのだなと思ったことがありました。しかもこの包茎には、いくつかのタイプがあります。中でもカントン包茎というタイプの場合には、幼少期の間にカントン包茎手術が必要とも言われています。同様のタイプで真性包茎というものもあります。こちらも包皮が狭いので亀頭が露出しにくいので、カントン包茎と良く似たタイプになるのですが、包皮と亀頭とが癒着したようになっていて露出出来ないのに対して、カントン包茎の場合には無理をしたら狭い包皮の開口部分から亀頭だけを露出することも可能になっている点が多少違います。そのために包皮の狭い開口部分が露出した亀頭部分を締め付けて血液循環作用がうまくなされないという危険性が伴います。この血液循環がうまくされないと最悪では亀頭などの細胞が死んでしまい、男性機能自体が使えないという恐ろしい結果にもなってしまいます。まだ勃起などしない幼少期ならまだいいのですが、思春期にもなるとたびたび勃起症状も起こるので、ひとたび勃起して亀頭をむりやり露出した後、元にもどらないということもあり得ます。しかも寝ている間に勃起症状で亀頭部分が無意識の間に露出していた際には、朝起きたら手遅れということも想定されますので、早急にカントン包茎手術をされることをお勧めします。なお、広島の病院などの泌尿器科と一般のクリニックなどでは手術方法や費用などにも差があるので、事前に調べた上で包茎手術をされた方がいいかと思います。

 

新宿 包茎 札幌 包茎